FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
村野藤吾(1891年~1984年)の名言
「時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら
脱皮して必ず少数派になれ。」



これは村野藤吾の名言です。

村野藤吾といえば日本を代表する建築家として知られています。

彼が設計した主要な建築作品は以下の通りです。

そごう大阪店
広島世界平和記念聖堂
志摩観光ホテル
高島屋東京店
横浜市庁舎
佳水園
梅田換気塔
新高輪プリンスホテル

これらの村野藤吾の建築作品を見たことのある人なら分かるはずですが、
同じスタイルで建てられた作品は一つとしてないのです。

一見すれば彼の作品であるとはわかりません。

しかしながらその作品には、
「99%関係者の話を聞き、残りの1%から出発する。
それでも村野は残る」という言葉が残されているように、
斬新さと新鮮さに村野藤吾らしさが存在しています。

ではなぜ同じスタイルを繰り返さないのかと言えば、
多数派に巻き込まれず少数派であり続けるためだと言えるのです。

建築当時にいくら斬新で新鮮であったデザインでも、
それが多数派になればそれは新鮮なデザインではなくなります。

じゃあ次に向かうべきは少数派であり、
それまでの自分や現在の自分を脱皮していくことが斬新さ新鮮さを保つ原動力なのです。

それまでの自分を捨てること、現在の自分を捨てることは簡単ではありません。

しかしそれが出来てこそ、
新しい世界が広がり、新しい考えが生まれてくるのだとこの名言は教えてくれています。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック