FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
超大物がやって来る?―J1・ヴィッセル神戸がイニエスタを獲得か
バルセロナを今季限りで退団するアンドレス・イニエスタ選手が、
J1のヴィッセル神戸と3年契約で合意したスペインのメディアが報じました。

これが現実であればサッカー界の超大物がJリーグにやって来ることになります。


このことに関する記事が『毎日新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「サッカーのスペイン代表で同国1部バルセロナを今季限りで退団する
MFアンドレス・イニエスタ(33)がJ1神戸と3年契約で合意したと、
スペインの複数のメディアが8日までに報じた。
これに神戸の栗原圭介強化部長は「特に話せることはありません」と言及を避けたが、
親会社の楽天の関係者は「獲得は濃厚」と明かした。

現地メディアによると、年俸は2500万ユーロ(約32億5000万円)。
神戸は元ドイツ代表のポドルスキを推定年俸6億円の2年半契約で昨年獲得しており、
イニエスタが加入すれば2年連続で大物外国選手獲得となる。

楽天はバルセロナと昨季から4シーズン、
年間5500万ユーロ(約64億円)のスポンサー契約を結んでおり、
育成・強化トップの三浦淳寛スポーツダイレクターが現地を訪問中だ。
Jリーグは各クラブの外国籍選手の保有を5人までと定めているが、
神戸は既に5人おり、イニエスタが加入なら1人の契約解除が必要になる。
その場合でも選手登録期間は7月20日に始まるため、
試合出場は最短で同22日となる。

イニエスタはバルセロナで欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝4回。
2010年ワールドカップ南アフリカ大会ではスペインの初優勝に貢献した。」


イニエスタ選手といえば、
バルセロナの中心選手として活躍したのはもちろんのこと、
スペイン代表としてチームを引っ張り、
2010年に行われたFIFAワールドカップではチームを優勝に導きました。

そんな超大物選手がJリーグに来るとなれば、それはとんでもない一大事です。

Jリーグの活性化のためにも、是非ともこの加入が実現してほしいと思います。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック