FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
今は苦しい時―横綱・稀勢の里が7場所連続休場
横綱・稀勢の里が夏場所初日から休場することになりました。

これで稀勢の里は7場所連続で休場することになります。


このことに関する記事が『』デイリースポーツに掲載されていたので以下で紹介します。

「「大相撲夏場所」(13日初日、両国国技館)

左大胸筋負傷などから再起を目指す横綱稀勢の里(31)=田子ノ浦=が
夏場所初日から休場することが11日、決まった。
都内の部屋で師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が応対。
「本人と話した結果、休場ということで。
左大胸筋(の負傷)、加療1カ月。
本人も苦渋の選択。
周りにも迷惑をかけた。
横綱として場所に出るならしっかりとした形で出ないとという判断」と説明した。

7場所連続休場は年6場所制となった1958年以降の横綱では貴乃花に並ぶ最多タイ。
初日からの休場は先場所に続き3度目。
休場は8度目となった。

昨夜、師弟で30分話しても結論は出せず。
11日、取組編成会議当日まで異例の出場可否を持ち越した。
師匠は休場を“勧告”したが、横綱がギリギリまで葛藤した。
「きょうの朝、話して最終的に決めた。
本人が『はい、休場します』と」と親方。
気持ちを整理するのに一晩を要した。

「本人はすごく悔しいし、いろんな気持ちがある。
次に向かって治療して。
体だけでなくあらゆる面を鍛えないと。
横綱は強くなければならない。
もっともっと稽古して今まで以上にファンの人に喜んでもらう相撲を取って欲しい。
次は大事な場所になる」と弟子の思いを代弁した。

毎回同じように状態を合わせられず、
休場を繰り返す姿に親方衆らは稽古不足、意識の低さを指摘。
「もう一度原点に戻ってやるしかない」と厳しい声も挙がっていた。
周囲の見る目は徐々に厳しくなってきた。

親方は「言葉だけでなく稽古は必死にやってきた。
いい稽古は見せられなかったけど本人は必死。
僕は身近で見ているから分かる。
責任感が強い男なので。
出るつもりでやってきたから」とかばった。

7場所連続休場はもはや限界点。
名古屋場所(7月8日初日、愛知県体育館)に進退を覚悟し、出場を目指すことになる。
感極まったか、親方は囲み取材の途中から涙目となった。
「ケガだけじゃない、というのは分かっている。
今まで以上に必死に取り組まないと。
強い横綱として相撲取れるように必死で頑張っていこうと思う」と、言葉を絞り出した。」


今は苦しい時だと言えます。

しかし無理に出場してその先がなくなるよりは、ここで休場して、
戻ってきた時に横綱としての雄姿を再び見せてくれたほうが絶対に良いはずです。

これは相撲ファン皆の思いです。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック