FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
波乱の展開で新女王が誕生―ジュールポレールが「ヴィクトリアマイル」を制覇
5月13日、G1「ヴィクトリアマイル」が行われ、8番人気のジュールポレールが勝利しました。

ジュールポレールにとってはこれが初めてのG1制覇となりました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「マイル女王を決める古馬牝馬限定の
G1「第13回ヴィクトリアマイル」(芝1600メートル)が13日、
東京競馬11Rで行われ、
幸英明騎手騎乗の8番人気・ジュールポレール(牝5=西園厩舎)が優勝。
大接戦を制してG1初勝利を挙げた。

先団で競馬を進めたジュールポレール。
直線では馬場の真ん中を通って末脚を伸ばし、
大外から追い込んだ2着の1番人気リスグラシューの強襲を鼻差しのいだ。
さらに首差の3着には7番人気レッドアヴァンセが入った。
勝ちタイムは1分32秒3(やや重)。

勝ったジュールポレールは父ディープインパクト、母サマーナイトシティという血統。
前哨戦3着から臨んだ昨年の同レースは3着惜敗。
秋のエリザベス女王杯では16着と大敗したが、
今年も前哨戦の阪神牝馬Sで5着と好走し、本番に臨んでいた。
通算戦績は14戦6勝。

鞍上の幸は中央G1通算7勝目で今年は初勝利。
管理する西園師は中央G1通算4勝目で今年は初勝利。

春の女王決定戦の位置づけで06年に創設されたG1競走。
G1馬6頭が集結したハイレベルな一戦を制し、
ジュールポレールが初のG1タイトルを手にした。
関西馬は6連覇。」


荒れた天候で行われた今回の「ヴィクトリアマイル」は天候以上の大荒れの展開となりました。

昨年3着といえどもジュールポレールは伏兵馬扱いだったことは間違いありません。

そういった中で大接戦を制したジュールポレールの実力はかなりのものだと言えるでしょう。

今回のレースのような活躍を見せ続ければ、
今後の牝馬戦線を盛り上げる人気馬になってくれることは間違いありません。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック