FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『しゃべくり007』(2018年5月21日放送)
今回は5月21日に放送された『しゃべくり007』について書いていきます。


今回の『しゃべくり007』には、ゲストとして大泉洋さんと小松菜奈さんが登場しました。

映画『恋は雨上がりのように』で初共演を果たした2人で、
今回はその宣伝を兼ねてやってきたわけですが、
今回で3回目のゲスト出演となる大泉さんは本当はこの番組に来たくなかったようです。

理由は収録の時間が掛かるからだそう(笑)

なんとなく分かりますよね(笑)


シークレットブーツの紹介や催眠術など盛り上がる企画が次々と行われましたが、
なかでも盛り上がっていたのは
大泉さんがモノマネを披露し小松さんが変な声を出した場面ではないでしょうか。

今回の映画の収録現場を盛り上げるために
トークだけでなくモノマネも披露していたという大泉さんですが、
小松さんによるとベテランのCAさんのモノマネだったそうで、
それをスタジオで披露することになりました。

ベテランCAならではの独特の笑顔がとても面白く、スタジオは結構盛り上がりました。

それを受けて、「小松さんも何かできないの?」と聞かれ、小松さんが披露したのが、
変な声(かなりのダミ声)が出せるという特技でした。

小松さんの美貌には似つかわしくないようなダミ声にスタジオは大爆笑に包まれ、
大泉さんのベテランのCAさんのモノマネを超える盛り上がりを見せました。

これには大泉さんも少し悔しそうでしたね(笑)


今回の放送を観て感じたのは、小松さんが凄く可愛らしい人だなという事でした。

見た目だけでいえばすごくクールな人だという印象があります。

しかし実際は、「フラットで優しくて、負けず嫌い」と大泉さんが表現していたように、
すごく親しみやすい人で、
誰からも可愛がられるような人なんだという事がよく伝わってきました。

今でも十分人気な女優さんですが、
今後更なる人気を獲得することは間違いないでしょうね。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック