FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ハロプロファンは「ハロプロらしさ」を求めている!―DA PUMP新曲がハロプロファンの間で話題に
DA PUMP新曲「U.S.A」がハロプロファンの間で話題になっています。

この「U.S.A」の曲調が、
ハロプロのプロデューサーだったつんく♂さんが作る楽曲に似ていると話題になっているわけです。


このことに関する記事が『ねとらぼ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「7人組ダンス&ボーカルグループ「DA PUMP」の
3年8カ月ぶりとなるニューシングル「U.S.A」が、
6月6日の発売を前にYouTubeのミュージックビデオ(MV)再生回数が
公開から7日で100万回を突破するなど、
その中毒性がじわじわと話題を呼んでいます。
U・S・A! U・S・A!

ユーロビートサウンドを現代風にアレンジした同曲は、
「U.S.A!」「C'mon baby アメリカ」と連呼しながら
その合間に挟み込んでくる
「どっちかの夜は昼間」「ミラーボールに恋した」「ユナイテッドする朝焼け」など
ふふっとなるフレーズが、
90年代をほうふつとさせる4つ打ちのリズムに乗せて脳内にしみこんでくるもので、
MCハマーリスペクトのインベーダーフォーメーションを取り入れた「いいねダンス」も
ダサそうに見えてストイックにパフォーマンスしようという心意気が垣間見えます。

5月16日にYouTubeでMVが公開されるとネット上では
「計算され尽くしたダサさが中毒性あり過ぎ!」などの声が上がる一方で、
モーニング娘。'18やアンジュルム、Juice=Juiceなどを擁する
ハロー!プロジェクトのファンからは
「ハロプロ全盛期の男版的な曲」
「つんく♂氏の作風を思わせる楽曲」などといった高評価が寄せられることに。

ファンだけでなく、ハロプロメンバーもこの楽曲にはハートをつかまれているようで、
例えばアンジュルムのメンバー・室田瑞希さんは5月21日、
「DA PUMPさんの『U.S.A.』という曲にハマって昨日からずっと聴いてます! 
1回聞いたら耳に残る!!」とTwitterでツイート。
これにDA PUMPのメンバー・DAICHIさんが
「いいねdance良かったらぜひ踊ってみて下さい」とレスを送るなど
お互いのメンバーが交流する様子も見られました。

ハロプロ楽曲に通じる世界観やフォーメーションダンスは、
「ダサカッコいい」などの言葉とは別の次元で双方のファンや
メンバーも巻き込みながらリピーターを増やしており、
グングンと再生回数を伸ばし続けています」


自分のこの楽曲を聴いてみましたが、
確かにハロプロっぽいというか、つんく♂さんの作る楽曲っぽいですね。

これは昔からのハロプロファンにはたまらない楽曲だと言えます。

つんく♂さんがプロデューサーを退いてからというもの、
ハロプロの楽曲にはこの「ハロプロらしさ」が薄れてきていると言わざるをえません。

つまりは、不思議な話ですが、現在のハロプロには「ハロプロらしさ」がないのです。

そんな時に現れたこの楽曲に、
ハロプロファンが沸き立つのは当然のことだと言えるでしょう。

「クールハロー」もいいですが、
ハロプロファンが「ハロプロらしさ」を求めているということを事務所はもっと理解してほしいですね。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック