FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『恋は雨上がりのように』 出演:小松菜奈、大泉洋ほか 監督:永井聡



今回は『恋は雨上がりのように』について書いていきたいと思います。


内容
陸上競技に打ち込んできたが、
アキレス腱のけがで夢をあきらめざるを得なくなった高校2年生の橘あきら。

放心状態でファミレスに入った彼女は、
店長の近藤正己から優しい言葉を掛けてもらったことがきっかけで、
この店でアルバイトを始めることにする。

バツイチ子持ちである上に28歳も年上だと知りながらも、
彼女は近藤に心惹(ひ)かれていく。

日増しに大きくなる思いを抑え切れなくなったあきらは、
ついに近藤に自分の気持ちを伝えるが……。


感想
この『恋は雨上がりのように』は、
眉月じゅんさんのベストセラーコミックを実写映画化した作品です。

キャストの顔触れを見ると、
原作のイメージを大事にしながらキャスティングされたことがよく分かります。

特に主人公のあきら役に小松菜奈さんをキャスティングしたのは見事という他ありません。

それくらいピッタリのキャスティングだったと言えます。

怪我により陸上の夢をあきらめたあきらは店長への恋心に真っすぐに向き合います。

その真っすぐさ、全力さは、陸上へ向き合っていた姿勢と共通しているのでしょう。

あきらのその真っすぐな姿勢が観る人の胸を打つのです。

それに戸惑いながら向き合おうとする店長の姿にもまた胸を打たれます。

決して派手な作品ではありませんが、確実に心に響く作品です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック