FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
未来も見据えて―W杯落選の井手口、浅野がバックアップで帯同へ
5月31日、ロシアW杯に挑む日本代表23人が発表されましたが、
この23人から落選した井手口選手と浅野選手が
バックアップメンバーとしてチームに帯同するそうです。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「サッカー日本代表の西野朗監督が1日、
千葉県内で報道陣の取材に応じ、
チームの補佐を含めたバックアップメンバーとして、
ガーナ戦からW杯メンバー23人に入れなかった井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)と、
浅野拓磨(シュツットガルト)が帯同すると発表した。
三竿健斗(鹿島)は本人の意向で帯同は見送られた。

西野監督は
「リストに挙げられなかった3名。
浅野、井手口、三竿については、ぜひチームに帯同してほしい、
バックアップメンバーに入ってほしい旨を本人に伝えました」と説明。
「井手口と浅野については本人も了解、承諾してくれて帯同することになって、
今日、これから同じようにチームに合流する予定になっています」とした。

これ以上のバックアップメンバーの追加は「現状はありません」とした。」


今回選出された日本代表メンバーは、
歴代のワールドカップ日本代表の中で最も平均年齢が高い事が話題になりました。

そういった中で次回以降の日本代表を危惧する声も聞こえてきています。

つまりは若手選手にワールドカップを経験させるべきだという声です。

バックアップメンバーという形でどこまでの経験が出来るのかは正直分かりませんが、
実際のワールドカップの空気に触れるという意味では、
今回のバックアップメンバーとしての参加は
井手口選手と浅野選手に良い経験をもたらすのではないかと思います。

未来も見据えての帯同だと言えるのではないでしょうか。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック