FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『野蛮人の読書術』 田村耕太郎



今回は田村耕太郎著『野蛮人の読書術』について書いていきたいと思います。


内容
世界のエリートは、なぜ大量の本を読みこなせるのか?

ハーバード、エール、東京大学EMPほか、
世界のトップ機関で研鑽を積んだ男が教える
「いま、本当に使えるリベラルアーツ」の身につけ方。

ブックガイド30選も収録。

目次
はじめに
第1章 「リベラルアーツ」は読書で磨け
・なぜアメリカの名門大学生は大量の課題図書を読みこなせるのか
・世界のエリートに読書術を学べ
・書評を書くことは最高の読書術である
・「東京大学EMP」の底力と、そこで私が学んだ読書術

第2章 フロントランナーが教える読書術
1冊の中で「本当に必要な2割」を見つけよう
――池田信夫(経済評論家)
200冊×5年で脳内に「知の参照枠組」が構築できる
――村上憲郎(元グーグル日本法人名誉会長)
思考力を鍛えるには、「古典」が一番
――出口治明(ライフネット生命保険株式会社 代表取締役会長兼CEO)
シリコンバレーの起業家はこんな本を読んでいる
――石角友愛(元グーグル・シニアストラテジスト)
これが、コロンビア大学が誇る「コア・カリキュラム」
――寺田悠馬(コロンビア大学卒業生)
「10000時間の法則」で、大抵のことはマスターできる
――藤原和博(元杉並区立和田中学校校長)
「教養」ではなく、「実戦的な思考能力訓練」としての読書
――横山禎徳 (東京大学EMP企画・推進責任者)

第3章 野蛮人のブックガイド:「現代版リベラルアーツ」が身につく精選30冊
・リチャード・ドーキンス『盲目の時計職人』
・ルイス・トマス『人間というこわれやすい種』
・池谷裕二『進化しすぎた脳』
・東京大学高齢社会総合研究機構『2030年 超高齢未来』
・中島隆博『悪の哲学』
・マット・リドレー『繁栄』……他
おわりに
付録:追加で読みたい20冊


感想
高度なレベルで読書欲をくすぐる一冊です。

作者は元国会議員で、
ハーバード、エール、東京大学EMPほか、
世界のトップ機関で研鑽を積んだという田村耕太郎さんです。

ものすごいバイタリティに溢れた方なんだという事がこの本からよく伝わってきました。

東京大学EMPでの話など田村さんが語る内容ももちろん面白いのですが、
第2章の「フロントランナーが教える読書術」での
様々な第一線で活躍する人々の読書に関する話は是非とも一読すべき面白さです。

ちょっと圧倒されてしまうくらいの力強さを持った「読書術」の数々に胸がときめきます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック