FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
今年の春のグランプリの行方は―「宝塚記念」の特別登録馬が発表される
6月10日、G1「宝塚記念」の特別登録馬が発表されました。

ファン投票で6万3599票を集めて1位となったサトノダイヤモンドなど16頭が登録しました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「6月24日に阪神競馬場で行われる春のグランプリ、
第59回宝塚記念
(3歳以上オープン、GI、芝2200メートル、定量、フルゲート18頭、
1着賞金=1億5000万円)の特別登録馬が10日、発表された。

ファン投票で6万3599票を集めて1位となったサトノダイヤモンド、
昨年の覇者でゴールドシップ(13、14年)に次いで
史上2頭目となる連覇がかかるファン投票5位のサトノクラウン、
昨年の菊花賞馬でファン投票7位のキセキ、
ファン投票15位のヴィブロスなどが登録。

外国馬に門戸が開放されて1年目の1997年に
オーストラリア調教馬のセトステイヤーが出走して以来21年ぶり、
史上2頭目の外国馬参戦となるワーザー(香港)もエントリーしている。

エントリー16頭は以下の通り。

【外国馬】

ワーザー      58.0kg(セン7、香港・J.ムーア厩舎)

【登録馬】

アルバート     58.0kg(牡7、美浦・堀宣行厩舎)

ヴィブロス     56.0kg(牝5、栗東・友道康夫厩舎)

キセキ       58.0kg(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)

サイモンラムセス  58.0kg(牡8、栗東・梅田智之厩舎)

サトノクラウン   58.0kg(牡6、美浦・堀宣行厩舎)

サトノダイヤモンド 58.0kg(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)

ステファノス    58.0kg(牡7、栗東・藤原英昭厩舎)

ストロングタイタン 58.0kg(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)

スマートレイアー  56.0kg(牝8、栗東・大久保龍志厩舎)

ゼーヴィント    58.0kg(牡5、美浦・木村哲也厩舎)

タツゴウゲキ    58.0kg(牡6、栗東・鮫島一歩厩舎)

ダンビュライト   58.0kg(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)

ノーブルマーズ   58.0kg(牡5、栗東・宮本博厩舎)

パフォーマプロミス 58.0kg(牡6、栗東・藤原英昭厩舎)

ミッキーロケット  58.0kg(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)」


外国馬で登録しているワーザーは2016年の「香港ダービー」を制した実力馬です。

対する日本馬はサトノダイヤモンドを中心に、
派手さはないものの実績面で申し分のない馬たちが揃いました。

今年も春のグランプリは盛り上がりそうです。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック