FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『有吉弘行のダレトク!?』(2018年6月12日放送)
今回は6月12日に放送された『有吉弘行のダレトク!?』について書いていきます。


今回の『有吉弘行のダレトク!?』では、
「ダレトク!?おせっかい鑑定」、
「ダレトク!?汁刑事」、
「ダレトク!?貧乏脱出大作戦」の3つの企画が放送されました。


「ダレトク!?おせっかい鑑定」では、
俳優の木下ほうかさんのロレックスコレクションと、
ルー大柴さんのグラスのコレクションを専門家が鑑定しました。

木下さんのロレックスは価値が上がり、
中には200万を超える鑑定額も飛び出す高額鑑定となりました。

一方でルー大柴さんのグラスは
購入時の価格よりも鑑定額が安くなる残念な展開となったわけですが、
これにはルーさんも「ホール(穴)があったら入りたい」と言って悲しんでいました(笑)


「ダレトク!?汁刑事」では、
色々な料理の汁をご飯にかけて食べてリポートしていったわけですが、
最初は乗り気じゃなかったデヴィ夫人が最後には乗り気になっていて面白かったですね。


「ダレトク!?貧乏脱出大作戦」では、
若手芸人の家計を調査し、貧乏から脱出する方法(貯金をする方法)を提案していました。

今回は湯川セイントさんとお侍ちゃんという2人の若手芸人が登場しましたが、
湯川さん宅の家計は主に奥さんの支出が原因の家計の問題が指摘されていました。

一方でお侍ちゃん宅の家計は、
奥さんのやりくりの妙で貯金が毎月できているということで評価されていました。

同じような若手芸人でも家計状況は真逆というのが面白いところです。


今回の『ダレトク!?』は、
『ダレトク!?』にしてはちょっと地味な内容だった感がありますが、
たまにはこういう回があってもいいですよね。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック