FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
モーニング娘。'18・尾形春水が芸能界を引退
6月20日に行われたモーニング娘。'18の日本武道館公演をもって、
モーニング娘。'18の尾形春水(はーちん)がグループおよびハロー!プロジェクトを卒業し、
同時に芸能界から引退しました。


このことに関する記事が『東スポWeb』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ハロー!プロジェクトのアイドルグループ
「モーニング娘。’18」(リーダー・譜久村聖=21)が20日、
東京・日本武道館で
「モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春 
~We are MORNING MUSUME。~
ファイナル 尾形春水卒業スペシャル」を開催した。

2014年9月にグループに加入した12期メンバー・尾形春水(19)が、卒業の日を迎えた。
卒業後は芸能界を引退し、
学業に専念する尾形のモー娘としてのラストステージ、
現13人体制として最後のパフォーマンスに1万人のファンは大きな声援を送った。 

スタート曲は6月13日発売の65枚目ダブルA面新シングル「A gonna」。
序盤のMCではハロプロ全体のリーダーを務める
「アンジュルム」の和田彩花(23)が登場し、
尾形に「はーちん、卒業おめでとうございます」と花束と合わせて、
はなむけの言葉を送った。

アンコールの1曲目で、尾形はソロ曲「涙が止まらない放課後」を披露。
最後のソロ曲にこの曲を選んだのは
「お別れの曲を歌うと、ファンの皆さんを寂しい気持ちにさせてしまうような気がして、
私らしく明るい幸せな曲で終わりたいと思い選曲しました」という
ファンを思ってのものだったという。

最後のメッセージで、ファンへの感謝の気持ちを述べ
「最後に、ここにいる全ての皆さんのこれからが、
たくさんの幸福で満ちた日々でありますように。
心から願っています!」と涙を我慢して笑顔を見せた。

先輩の10期・飯窪春菜(23)は「切っても切れない関係だったよ」と涙をこぼし、
同じく10期・石田亜佑美(21)も
「尾形は優しすぎるから、これからは自分のために、ね」とエールを送った。

最後は新曲「Are you Happy?」から
「青空がいつまでも続くような未来であれ!」で締めくくった。」


モーニング娘。としての経験は、
普通に暮らしているのでは得難い経験に溢れたものだったと思います。

先輩たちの言葉を聞いていると、
はーちんはアイドルをするにはあまりにも優しすぎる女の子だったのかもしれません。

これは普通の世の中ではいいことですが、
やはり競争が絡むアイドルの世界では物足りなさを感じさせたのでしょう。

メンバーたちが気付いていたように、
今思えばそれが個性だったのかもしれませんが、
卒業した今になって我々がそのことに気付いてももう遅いのです。

はーちんの魅力に気付けていなかったのは、
他でもない我々モーニング娘。ファンだったのかもしれません。

ごめんね。はーちん。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック