FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
寂しさを残して―矢島晶子が「クレヨンしんちゃん」卒業
『クレヨンしんちゃん』で野原しんのすけの声優を務めてきた矢島晶子さんが
29日の放送をもって、番組から降板しました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「テレビ朝日の国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」(金曜後7・30)の
主人公・野原しんのすけの声を
1992年4月13日の番組スタートから26年間にわたり演じてきた
声優の矢島晶子(年齢非公表)が29日の放送をもって降板した。
出演は通算1047回を数え、卒業した。

矢島の最後の放送は「野原家プリンウォーズだゾ」「防衛隊の会議だゾ」。
最後に、約35秒のショートエピソード「いつものオラだゾ」。
しんのすけの何気ない日常が描かれ
「あ~、オラ、毎日楽しい」が“矢島しんちゃん”の最後のセリフだった。

インターネット上には
「最後、ホントに何ともない日常の小話だからこそ涙が止まらなかった。
矢島さん、お疲れ様でした!たくさんの思い出をありがとうございます!」
「矢島さんの送り出すため、
しんのすけの日常っていう短い回を差し込んで、今までありがとうって感じ。
スタッフの愛だね。
『オラ、毎日楽しい』の最後のセリフはジーンと来た。
矢島さん、お疲れさまでした」
「『いつものオラだぞ』。
最後の最後にサプライズ。
物心つく頃からずっと見続けてきただけに寂しさは拭えないですが、
初回からここまで野原しんのすけを演じ続けてこられた
矢島さんにありがとうとお疲れさまの言葉を贈りたい」などと労いと感謝の声が相次いだ。

降板は今月1日に発表。
矢島から「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなった」などと局側へ申し出があった。
矢島は同局を通じて
「キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、
役としての自然な表現ができにくくなってしまったため」と降板の理由を説明。
今後も声優として活動を続けることを明かし
「また別の機会に他のキャラクターで
私の演技を受け取っていただけましたら幸いです」とした。

後任の2代目しんちゃんは声優の小林由美子が務めることが14日に発表。
同局を通じて
「このような大役を仰せつかり、光栄とともに責任の重さを痛感する毎日です」と心境。
第1話から見直して勉強を重ねているといい
「この凡人ではとても思いつかないしんちゃん像を作り上げた矢島さんに
改めて畏怖と尊敬の念でいっぱいです」と初代への思いを言葉にした。
初登場は7月6日。」


長年慣れ親しんできた声というのがあります。

それは例えば『ドラえもん』がそうでした。

大山のぶ代さんが『ドラえもん』を降板した時は、
その違和感がしばらく消えることはありませんでした。

きっと今回の『クレヨンしんちゃん』もそうなるでしょうね。

後任を務める小林由美子さんにとっては大変なことでしょうが、
初代のイメージを塗り替えるくらいの「しんちゃん」像を築いてくれればと思います。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック