FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『友罪』 出演:生田斗真、瑛太ほか 監督:瀬々敬久



今回は『友罪』について書いていきたいと思います。


内容
ジャーナリストの夢を諦めて町工場で働き始めた益田は、
同じ時期に入社した鈴木と出会う。

無口で影のある鈴木は周囲との交流を避けている様子だったが、
同じ年の益田とは少しずつ打ち解けていく。

しかしある出来事をきっかけに、益田は
鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人なのではないかと疑いを抱くようになり……。


感想
あまりにも重い内容で、観ているのが少し辛くなるような映画です。

これを決して批判だとは思わないでください。

これはそれだけの世界観を構築したこの映画の勝利であり、
観る者に救いを与えないことが正解であるわけです。

それぞれが自分の罪を背負い、苦しみ、
そしてその罪の意識に苛まれるように日々を過ごしています。

一見すれば普通の顔をして暮らしているようでも、
心の奥底にそういった重くのしかかるものを感じながら暮らしているのです。

その重さの大小を単純に計ることは出来ません。

確かに瑛太さん演じる鈴木の犯した罪は重いです。

しかし益田が感じている過去に対する罪の意識は、
鈴木が感じている罪の意識と同じかそれ以上の重さがあると言えます。

そんな2人が出会い、交流し、友情を築き、そして裏切り、再び出会う、
まさに奇跡のような偶然の出会いが2人を救うことになるのか、
最終的な結果はわかりませんが、救われていてほしい、そう自分は願います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック