FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『有吉ジャポン』(2018年7月20日放送)
今回は7月20日に放送された『有吉ジャポン』について書いていきます。


今回の『有吉ジャポン』では、
付き合えない相手にリアルに恋する「リアコ女子」に密着し、その実態に迫っていました。

「リアコ女子」とは付き合えない相手にリアルに恋する女子のことで、
今回はメンズ地下アイドルに恋する「リアコ女子」に密着していました。


いやぁ凄い世界ですね。

CD1枚購入で1回握手というのがメジャー(地上?)アイドルでは多いですが、
地下アイドル界ではCD1枚購入でチェキ1枚撮影と1分間のトークというのが普通のようです。

この1分間のトークも、粘膜接触はNGなだけで、肌と肌との触れ合いはOKという事で、
トークでだけではないかなりきわどい触れ合いが繰り返されていました。

これにハマった女性はなかなか抜け出せないでしょうね。


さらに番組では
メンズ地下アイドルの最下層であるメンズ地底アイドルの「リアコ女子」にも密着していましたが、
こちらは更に凄かったですね。

3万円分のCDを購入して90分間のデートをするという、
アイドルとファンの関係では普通ちょっと考えられないようなことが行われていました。

デートで掛かった費用はキッチリ割り勘だったり、写真撮影が1枚1000円だったりと、
ルールは結構厳しかったですが、
それでも90分間好きなアイドルと2人きりで過ごすというのは夢のような体験ですよね。

もうこうなったらホストにハマった女性のような感じで、
際限なくお金をつぎ込み続けるのではないかと思います。


番組後半はスタジオで、
SKE48の須田亜香里さんの「ブス戦略」なる握手会で対応の仕方が紹介されていましたが、
手の掴む位置を考えながら握手しているなんて本当に凄いですね。

須田さんは地下アイドルではありませんが、
今回の放送ではアイドルとして活動することの大変さの一端を観ることが出来ましたね。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック