FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
突然の別れ―アウォーディーが安楽死、放牧先で右脚骨折
2016年のJBCクラシックを制したアウォーディーが放牧先で右脚を骨折し、
予後不良と診断され安楽死となりました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「16年のJBCクラシックを制したアウォーディー(牡8歳、栗東・松永幹厩舎)が、
放牧先の鳥取・大山ヒルズで6日に右飛節を骨折し、
予後不良と診断され安楽死となった。
11日にJRAが発表し、同日付で競走馬登録を抹消された。
武豊とのコンビで臨んだ6月の帝王賞(8着)が最後のレースとなった。

同馬は父ジャングルポケット、
母がヘヴンリーロマンスで、
10年5月に米国で誕生。
芝でも14年の目黒記念で4着など好勝負を続けたが、
ダートに矛先を向けて素質が開花。
15年にシリウスSを制すると、
16年に入っても名古屋大賞典、
アンタレスS、日本テレビ盃、そしてJBCクラシックと、
砂転向後は無傷の6連勝(重賞5勝)で交流G1制覇を成し遂げた。
また2年連続でドバイ・ワールドCにも挑戦し、
昨年が5着、今年は6着だった。

JRA32戦7勝、
地方8戦3勝、
海外2戦0勝。
計42戦10勝。
総獲得賞金は4億9273万6800円。」


あまりにも突然の死でした。

人間もそうですが、競走馬もまた明日なにががあるかは分かりません。

生と死は隣り合わせです。

母であるヘヴンリーロマンスと名コンビだった松永幹調教師の下で強くなり、
名騎手・武豊と数多くコンビを組んだアウォーディーの競走馬人生は
とても幸せなものだったと言えるでしょう。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック