FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
若くして辿り着いた一つの高み―藤田菜七子が女性騎手最多勝に並ぶ
8月19日、藤田菜七子騎手がJRA通算34勝目を挙げ、
JRA女性騎手最多勝利記録に並びました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「藤田菜七子騎手(21=根本)が19日、
新潟でJRA通算34勝目を挙げ、
牧原(現増沢)由貴子元騎手の持つJRA女性騎手最多勝利記録に並んだ。

新潟3R(3歳未勝利、ダート1800メートル)を
6番人気トニーハピネス(牝、星野)で逃げ切り
9日に21歳になってからの初勝利、通算33勝目で王手をかけた。

新潟7R(3歳未勝利、ダート1200メートル)では、
8番人気の伏兵ライゴッド(牝、新開)で再度逃げ切り勝ちを演じ、
記録に到達した。

「素直にうれしいです。
ここで満足することなく、もっと上を目指していきたいです」と謙虚に喜びを表した。

くしくも2頭ともスマートファルコン産駒で、
1日2勝はデビュー3年目で初めてで、
JRA女性騎手としても初めて1日複数勝利を達成した。
これまではリサ・オールプレス騎手(旧姓リサ・マンビー時含む)が
1日複数勝利を2度達成している。
「昨日も今日もたくさんの馬に乗せていただいている。
オーナーさん、調教師、厩務員の方々のおかげで勝つことができた。
本当に感謝しかないです」と話した。」


最多勝記録を更新することはまず間違いありません。

この若さで女性騎手最多勝という一つの高みに辿り着いたわけですが、
藤田菜七子騎手が目指すべき高みは更に上にあると言えるでしょう。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック