FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『エレファントカシマシ カヴァーアルバム3 ~A Tribute To The Elephant Kashimashi~』



今回は、2018年の3月21日に発売された、
『エレファントカシマシ カヴァーアルバム3 ~A Tribute To The Elephant Kashimashi~』
について書きたいと思います。


収録曲
1.田島貴男(ORIGINAL LOVE) 「今宵の月のように」
2.manaka from Little Glee Monster 「悲しみの果て」
3.SUPER BEAVER 「四月の風」
4.菅原卓郎 (9mm Parabellum Bullet) 「風に吹かれて」
5.東京スカパラダイスオーケストラ×高橋一生 「俺たちの明日」
6.阿部真央 「リッスントゥザミュージック」
7.ドレスコーズ 「ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ」
8.クリープハイプ 「さよならパーティー」
9.斉藤和義 「かけだす男」
10.村越“HARRY"弘明 「ファイティングマン」


感想
このアルバムでは、
実に個性的で豪華な歌い手たちがエレファントカシマシのカヴァーに挑んでいます。

どのカヴァーも実に魅力的なのですが、
なかでも自分が一番聴き惚れてしまったのが
SUPER BEAVERによる「四月の風」のカヴァ―です。

エレファントカシマシの名曲中の名曲として知られる「四月の風」ですが、
この曲自体がとてつもない力を持っている中で、
SUPER BEAVERはこの曲に負けないバンドとしての力(個性)を表してくれました。

「四月の風」はエレカシ以外のアーティストが
演奏しているのをイメージできないような曲ですが、
SUPER BEAVERは見事にこの曲を自分たちのものにしているのです。

快挙だと言えるでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック