FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
歴史を塗り替えたうら若き乙女―藤田菜七子、女性単独最多のJRA35勝目
8月25日、藤田菜七子騎手が新潟12Rでセイウンリリシイに騎乗し勝利ました。

これでデビュー以来の通算勝利数を35まで伸ばし、
女性騎手のJRA最多勝利記録を更新しました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「藤田菜七子(21=美浦・根本康広厩舎)が25日、
新潟12Rでセイウンリリシイ(牝3=水野)に騎乗し勝利。
牧原(現姓・増沢)由貴子が持つ女性騎手の
JRA最多勝利記録を更新する通算35勝目を挙げた。
また、今年15勝目となり、昨年に自身がマークした年間14勝を超え、
女性騎手年間勝利数の記録も再び塗り替えた。

2番人気に推されたセイウンリリシイは好スタートから先頭に立ち、
楽な手応えで4角を回ると直線では後続を突き放した。
勝ちタイムは1分8秒2。
4馬身差の2着はカズミドリーム。

16年ぶりのJRA新人女性騎手としてデビューした2016年3月からわずか2年半。
9日に21歳になったばかりの菜七子が早くも歴史に名を刻んだ。

前週19日は新潟3Rを6番人気トニーハピネスで逃げ切り。
7Rでも8番人気ライゴッドで再度の逃げ切り勝ちを収め、
自身初の1日2勝で一気に牧原の記録に並んでいた。

デビュー2年目となった昨年は女性騎手の年間勝利数の記録を更新。
そして、3年目で早くも通算勝利数も塗り替えた。
現時点で今年の勝ち星は同期6人の中で2番目に多い。
「女性騎手」の枠を超えたジョッキーに成長した菜七子の騎乗にますます注目が集まる。

▼藤田菜七子騎手の話 
(新記録は)たくさんの馬に乗せていただいたおかげ。
先輩の女性騎手に感謝し、今後出てくる女性騎手に負けないように頑張りたい。
まだまだ未熟だが、一人のジョッキーとしてもっと勝てるようになりたい。

◆藤田 菜七子(ふじた・ななこ)
1997年(平9)8月9日生まれ、茨城県守谷市出身の21歳。
16年3月5日、美浦・根本厩舎からJRAデビュー。
同年4月10日の福島9Rサニーデイズで初勝利(51戦目)。
1メートル57、45キロ。血液型A。
空手初段、剣道2段。
趣味は寝ること、読書。愛読書は伊坂幸太郎氏の「マリアビートル」。
好きな食べ物は肉、スイーツ。
好きな歌手は、One Direction(ワン・ダイレクション)、俳優は三浦春馬。」


先週最多勝記録に並び、その翌週には更新という、
かなりのスピード更新となりました。

まだ21歳といううら若き乙女がJRAの歴史を塗り替えたわけですが、
まだこの若さから言ってもこの記録を更に伸ばしていくことは間違いないでしょう。

「女性騎手」の枠を超えたジョッキーに成長を遂げた藤田騎手から目が離せません。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック