FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
あともう一歩―日本、延長で韓国に敗れて銀メダル
9月1日、アジア大会のサッカー男子の決勝が行われ、
日本代表が韓国代表と戦って1対2で敗れました。


このことに関する記事が『毎日新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ジャカルタ・アジア大会は第15日の1日、
サッカー男子の決勝があり、森保一監督が率い、
2020年東京五輪世代のU21(21歳以下)で臨んだ日本は、U23の韓国と対戦。
延長の末、1-2で敗れ銀メダルとなった。
10年の中国・広州大会以来、2大会ぶりの金メダル獲得はならなかった。

日本は、延長前半3分にイ・スンウに先制ゴールを決められると、
11分にはファン・ヒチャンにもゴールを許した。
延長後半10分にはFW上田綺世が今大会3点目のゴールを決めて、
反撃したが及ばなかった。

韓国はU23での編成。
ソン・フンミンら今年のワールドカップ・ロシア大会のメンバーも
オーバーエージ枠で参加しており、試合を通じて主導権を握り、
何度も日本のゴールを脅かした。
日本は、ディフェンスがよく守り、
前後半を無失点に抑えたが、延長戦で力尽きた。」


あともう一歩でした。

今回敗れてしまったのは残念なことですが、
オーバーエージ枠を使わずにここまで来たことは胸を張れることだと言えます。

森保監督の下で今回の悔しさをバネに更に成長してくれることでしょう。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック