FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
精神的支柱が去る時―広島・新井、今季限りでの現役引退表明
広島カープの新井貴浩選手が今季限りでの現役引退を表明しました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「広島・新井貴浩内野手(41)が5日、
マツダスタジアムで会見を開き、今季限りで現役を退くことを表明した。

「若手が力をつけてきている。
これからのカープを考える時に、
今年がいいんじゃないかな」と決断の理由を明かした。

新井は駒大から1998年のドラフト6位で広島に入団。
1年目に7本塁打を放つなど豪快なスイングで主力に成長し、
03年からは4番の重責も担った。
07年オフにはフリーエージェント(FA)権を行使し、阪神に移籍。
熱烈な声援だけでなく、容赦ない罵声を浴びながらも全力プレーする姿に、
ファンからの人気も高かった。

阪神に自由契約を申し入れた14年オフには、8年ぶりに広島に復帰。
米大リーグのヤンキースから復帰した黒田と共にチームを引っ張り、
16年に25年ぶりの優勝に導いた。
この年には通算2000安打で名球会入りも決め、リーグMVPを受賞。
「自分でも漫画みたいな野球人生だと思う」と振り返っていた。

チームがリーグ3連覇にまい進するプロ20年目の今季は、
49試合の出場にとどまり、
打率2割2分2厘、4本塁打、20打点(4日現在)にとどまっているものの、
後輩からの信頼も厚く、チーム内での存在感は絶大だった。
山あり谷ありの20年間に終止符を打つことになった。

◆新井 貴浩(あらい・たかひろ)
1977年1月30日、広島市生まれ。41歳。
広島工高から駒大に進み、
4年秋に東都リーグの打点王とベストナインを獲得したものの、
本塁打は通算2本。
98年ドラフト6位で広島に入団。
05年に本塁打王とベストナインを獲得。
07年オフ、阪神にFA移籍。11年に打点王獲得。
出場機会が減少した14年のオフに自由契約を申し入れ、広島に復帰。
16年に通算2000安打を達成。
チームを25年ぶりのリーグ制覇に導き、リーグ最年長でMVPにも輝いた。
日本代表として06年WBC、08年北京五輪にも出場。
通算2369試合に出場し、
打率2割7分8厘、319本塁打、1299打点(4日現在)。
189センチ、102キロ。右投右打。」


新井選手は広島の精神的支柱とも言うべき存在です。

そんな新井選手が去ることが与えるチームへの影響は計り知ることが出来ません。

広島は現在好調ですが、
何としてでも優勝して新井選手を送り出したいところですね。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック