FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
人気騎手の心配な負傷―福永祐一、16日の落馬で頭蓋骨骨折、気脳症
福永祐一、騎手が9月16日のレースで落馬し、
その後の診察で頭蓋骨骨折、気脳症と診断されました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「9月16日の阪神6Rでゴール入線後に落馬して
頭蓋骨骨折、気脳症と診断された福永祐一騎手(41)=栗東・フリー=は、
23日に行われる菊花賞トライアルの神戸新聞杯(阪神)の
ワグネリアンには騎乗する方向であることが分かった。

ダービー馬のワグネリアンを管理する友道康夫調教師は
「けさ、電話で話したけど、本人は元気そうで『大丈夫』と言っていました。
今のところ代役は考えていません」とこの日、阪神競馬場で話した。

福永騎手は16日の阪神6Rで落馬をしたが、
以降は10R・能勢特別で勝ったカフジバンガードなど3鞍に騎乗していた。
12R後に改めて診断を受けて頭蓋骨骨折、気脳症骨折が判明。
一夜明けた17日、
阪神競馬で騎乗予定だった8鞍全てが乗り替わりとなっていた。」


大変心配なニュースです。

気脳症とは聞き慣れない病名ですが、
ちょっと調べてみたところ、
髄液が流れ出る代わりに空気が頭蓋内に入ることだそうです。

これを聞くと、重いケガなんじゃないかと心配になってしまいますが、
記事にもある通り、本人は「大丈夫」と言っているそうです。

かつて落馬によって騎手人生が絶たれたお父様(福永洋一)のこともありますし、
無理だけはしないでほしいと思います。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック