FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
3度目の指揮へ―巨人が原辰徳氏へ監督復帰を要請
巨人の高橋由伸監督が今季限りで監督を退任することが決まり、
球団が次期監督の要請を前監督の原辰徳氏にしたことが分かりました。


このことに関する記事が『時事通信』に掲載されていたので以下で紹介します。

「今季限りで退任するプロ野球巨人の高橋由伸監督(43)の後任に、
前監督の原辰徳氏(60)が復帰して来季の指揮を執ることが決まった。
山口寿一オーナーが10日、
読売新聞東京本社で原氏に就任を要請した後、取材に対し、
「方向性はだいたい固まった。
巨人を立て直してもらうことに関して了解を得た」と語った。

球団は複数年契約を提示する意向で、
就任が正式決定すれば2015年以来の監督復帰となる。
クライマックスシリーズなどチームの全試合が終了した後に、記者会見を開く予定。

高橋監督は3年連続で優勝を逃した責任を取り、今月3日に辞任を表明。
球団はOBを軸に後任を探し、
2度にわたって通算12年間チームを率いて、
リーグ優勝7度の実績を誇る原氏が適任と判断した。」


高橋監督は原前監督からバトンを受け継ぐ形で、
2015年のシーズンオフに監督へと就任しました。

それチームの若返りの意味も込めての監督就任であり、
NPBで史上初となる「昭和50年代生まれ及び逆指名入団の監督」となりました。

そんな進められたはずの時計の針は今回で一気に戻った感があります。

「やっぱり原監督じゃなきゃダメだ」というのが本音なのかもしれませんが、
ここでまた原氏が監督就任というのは、言い方は悪いですが、何とも芸がないと言えます。

本当にチームを強くしたいのだったら、
憎いほどに強いを地で行く落合博満氏に
監督就任を要請するぐらいのことがあってもいいのではないでしょうか。

チームが窮地に陥るたびに都合良く原氏に監督を頼むのはやっぱり芸がないと思うのです。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック