FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『斉木楠雄のΨ難』 出演:山崎賢人、橋本環奈ほか 監督:福田雄一



今回は『斉木楠雄のΨ難』について書いていきたいと思います。


内容
高校生の斉木楠雄は、
テレポート、テレパシーなどの超能力を持っているが、
その力を使わずに済むごく普通の生活を望んでいた。

しかし彼の周囲には妄想美女の照橋心美や、
思考が読めない燃堂力、
中二病の海藤瞬ら変人ばかりが集まってしまい、
彼らが起こすトラブルに巻き込まれては、
ひそかに超能力で危機を避けていた。

そして毎年行われる文化祭の当日を迎え、
斉木は文化祭を平和に終えるためにパトロールを開始する。

しかし想定外の出来事が次々に起こり、地球滅亡の危機に発展してしまい…


感想
この映画は、
「週刊少年ジャンプ」連載の麻生周一原作による人気コミックを実写化した作品です。

この漫画が読み切りで掲載され、
その後に連載を開始した当時、毎週ジャンプを読んでいたので、
この漫画のことはよく知っていましたが、
まさか実写映画化されるとは思いませんでした。

しかしながら映画を観てみると、よくよく漫画の世界観が再現されているのです。

バカバカしさが満載の、
観た後に何も残らない(褒め言葉です)、スカッと笑える映画です。

さすがは福田雄一監督の作品であります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック