FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
さぁ目指すは日本一だ―広島カープが2年ぶり日本シリーズ進出
10月19日、セ・リーグCSファイナルステージの第3戦が行われ、
広島カープが巨人を5対1で下し、
通算成績をアドバンテージの1勝を加えて4勝0敗として日本シリーズ進出を決めました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◇セ・リーグCSファイナルステージ第3戦 
広島5―1巨人(2018年10月19日 マツダ)

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が19日、
マツダスタジアムで行われ、
球団初のリーグ3連覇を果たした広島が
レギュラーシーズン3位からCSファーストステージを勝ち上がった巨人に5―1で3連勝。
6試合制で行われるCSファイナルステージの通算成績を
上位チームのアドバンテージ1勝を加えて4勝0敗とし、
2年ぶり8度目の日本シリーズ出場を一気に決めた。
広島は27日からの日本シリーズで34年ぶりの日本一を目指す。

先発の九里は初回に坂本勇、
田中俊を連続三振、マギーを二ゴロに抑える最高の立ち上がり。
2回は味方の失策と四球で走者を背負ったが、
小林を三振に仕留めてピンチを切り抜けた。

その後も5回まで巨人打線を無安打に封じる力投。
6回にマギーの適時打で1点を許し、この回で降板したが、
リーグ3連覇を決めた9月26日ヤクルト戦で8回無失点と好投するなど
大舞台に強い右腕が本領を発揮した。

好投する九里を打線が援護。
2回に野間の適時二塁打などで2点先制。
3回に丸が2号ソロを放ち加点。
5回にも坂本の適時失策で2点を追加した。

九里の後を託された救援陣も奮投。
岡田、一岡、ジャクソン、フランスアが無失点でリードを守った。

勝つしか道はない巨人だったが、九里の前に打線が沈黙。
6回にマギーの適時打で1点を返したが、反撃はここまでだった。
14日のヤクルト戦でノーヒットノーランを達成し、
第4戦先発予定のエース菅野につなぐことはできず、高橋監督のラスト采配となった。」


この広島の勢いは本物です。

日本一へ向けて障害になるものは何もないように思われます。

パリーグからどのチームが上がってきたとしても、この勢いでねじ伏せて、
34年ぶりとなる日本一を掴み取ってほしいと思います。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック