FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『イノベーションの大地 北海道 変革をもたらす人・発想・現場』 鷲田小彌太、井上美香



今回は
鷲田小彌太、井上美香著
『イノベーションの大地 北海道 変革をもたらす人・発想・現場』について書いていきたいと思います。


内容
北海道命名150年の年に いま必要とされているイノベーションとはいかなるものか、
その解は北海道にある!

「北海道」と命名されてから150年、
その歴史はイノベーションの連続だった。

技術革新にとどまらない、
変革を成し遂げた人《イノベーター》やその発想を、
歴史と地誌から追いつつ、
現在のイノベーションの現場を紹介する。


感想
北海道と命名されてから150年の時が経ち、
今や様々な魅力で多くの人魅了してやまない北海道ですが、
現在の位置に辿り着くまでには様々な「イノベーション」があったというのがこの本です。

まず前半部では鷲田さんが北海道の歴史を追い、
後半部では井上さんが北海道の新しきイノベーションの現場を取り上げています。

この後半部では厚岸でウイスキー造りのことなど、
興味深いイノベーションが数多く紹介されています。

住んでいても(住んでいるからこそ)知らないことはたくさんあります。

「灯台下暗し」とはよく言ったもので、
北海道民は北海道の魅力の源泉であるイノベーションに気付けていないのではないでしょうか。

これは多くの北海道民に読まれるべき一冊だと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック