FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
一転して握りしめられた拳―メイウェザーvs那須川の開催をRIZIN・榊原氏が発表
開催が危ぶまれていた「RIZIN.14」でのメイウェザー選手と那須川選手の試合が、
予定通りに行われることになったとRIZINの榊原信行実行委員長がTwitterで発表しました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「RIZINの榊原信行実行委員長が16日、ツイッターを更新し、
総合格闘技イベント「RIZIN.14」(12月31日、さいたまスーパーアリーナ)での
那須川天心(20)との試合を中止する意向を表明した
ボクシングの5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41=米国)の誤解が解け、
予定通り試合を行うと発表した。

「フロイド・メイウェザー選手とのミスアンダースタンディングは解決しました。
彼は12月31日大晦日にRIZIN.14のリングで那須川天心選手と対決します」(原文のまま)

メイウェザーと那須川の対戦は、5日に都内で行われた会見で発表された。
メイウェザーは、その席上で
「那須川選手は若く、強く、速い。
負けていないことも、彼の正しさを証明していると思う。
並の選手ではない。
米国を飛び出して自分の力を試したことはない。
機会を与えてくれて感謝しています」と那須川戦実現を喜んだ。
一方、那須川も
「自分は、何のルールでもいいです。
蹴りがありでも出来ますし、相手の土俵でボクシングのルールで戦って、
パンチのルールで戦ってもいいかなと思っています」と、
ボクサーのメイウェザーの土俵である、ボ
クシングルールでの対戦を受け入れる構えを示した。

ところが会見からわずか3日後の8日、メイウェザーが自らのインスタグラムで
「私、フロイド・メイウェザーは、
那須川天心との公式戦には1度も同意していないことを、はっきりさせたい」と主張。
会見では全世界で中継が行われることも明らかにされたが、
メイウェザーはオファーはRIZINの選手を選んでの3分3回のエキシビションで
「純粋にエンターテインメントで、公式戦ではなく、世界への中継もないと聞いていた」と
公式戦とは考えていなかったと指摘。
RIZIN側との見解の相違が浮き彫りとなっていた。

榊原実行委員長は、メイウェザーと並んで拳を握り締めた写真をアップし
「詳細は日本に戻った時に記者会見で話させて頂きます」とツイート。
米国でメイウェザーと会談した模様で、帰国後、その詳細を明らかにすると約束した。」


一転してビッグネームが「RIZIN」に参戦することが決まりました。

もちろん当日を迎えるまで不安は残るわけですが、どうやら大丈夫そうなそんな気がします。

あのメイウェザーに日本の期待の新星がぶつかる、なんとしても観たいじゃないですか。

今から楽しみです。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック