FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
悲願の初制覇―ステルヴィオがマイルチャンピオンシップを制覇
11月18日、G1「マイルチャンピオンシップ」が行われ、


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「秋のマイル王を決める「第35回マイルCS」(G1、芝1600メートル)が18日、
京都競馬場11Rで行われ、
W・ビュイック騎手騎乗の5番人気ステルヴィオ(牡3=木村厩舎)が優勝。
4度目の挑戦で悲願のG1初勝利をあげた。

中団前目から競馬を進めたステルヴィオ。
直線では内から突き抜けて、先頭でゴール板を駆け抜けた。
頭差の2着には連覇を狙ったペルシアンナイト、
さらに1馬身1/4差の3着にはアルアインが入った。
勝ちタイムは1分33秒3(良)。
1番人気のモズアスコットは直線で他馬と接触するアクシデントがあった。

勝ったステルヴィオは父ロードカナロア、母ラルケットという血統。
朝日杯FS2着、皐月賞4着、日本ダービー8着と世代のトップクラスで戦ってきた3歳馬。
昨年のペルシアンンナイトに続く、史上5頭目の3歳Vの偉業を成し遂げた。
通算戦績は9戦4勝。

鞍上のビュイックは日本でのG1勝利は初めて。
管理する木村師も開業8年目でうれしい中央G1初勝利となった。

これで国内の古馬混合の短距離G1全4戦が終了。
スプリント路線は高松宮記念、スプリンターズSをファインニードルが春秋連覇。
マイル路線は安田記念をモズアスコット、
マイルCSはステルヴィオが制し、
2頭がタイトルを分け合う形となった。」


悲願のG1初制覇となりました。

ロードカナロアの初年度産駒であるステルヴィオは、
同じくロードカナロアの初年度産駒であるアーモンドアイとともに、
現役時代に桁違いの活躍を見せた父親の
種牡馬としての評価を上げることに一役も二役も買っています。

初年度産駒の競走馬たちからG1を獲る逸材が2頭も登場したことで、
今後のロードカナロア産駒の更なる活躍が期待されます。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック