FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
吉澤ひとみ被告に懲役2年、執行猶予5年
11月30日、
酒を飲んだ状態で車を運転しひき逃げをした罪などに問われた
モーニング娘。の元メンバーである吉澤ひとみ被告に対し、
東京地裁は懲役2年・執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「酒気帯び運転でひき逃げしたとして、
自動車運転処罰法違反(過失傷害)などの罪で起訴された
元モーニング娘。の吉沢ひとみ被告(33)の判決公判が30日、東京地裁で開かれ、
懲役2年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡された。
前日29日の初公判で、検察側は懲役2年を求刑していた。

吉沢被告は前日と同様、グレーのスカートスーツと白シャツ姿で入廷。
佐藤卓生裁判官から判決を言い渡されると、
じっと前を見つめた。その後座るように促されると、
「はい」答えて神妙な面持ちでゆっくり着席し、
膝の上に両手を置いて裁判官の説明を聞いた。

裁判官は「被告の呼気からは、
他の酒気帯びの事案に比べても高濃度のアルコールが検出された」と説明。
「被害者2名も顔面に傷痕が残るなど軽くないけがを負っている。
被害者を救護しなかった」と続け、
「刑事責任は相当に重いものがあると言わざるをえない」と指摘した。

一方で、「事故後に自ら110番通報して現場に戻ったことは、
責任の大きさを自覚した行為」とした。
さらに、被害者2人と示談が成立していることや、
吉沢被告の元所属事務所の代表取締役社長や元マネジャーらからの嘆願書、
IT企業経営者の夫が今後の監督を法廷の場で約束していること、
吉沢被告が被害者に謝罪し反省していることもあげ、
執行猶予つきの判決となったと説明した。

裁判官は「犯行対応はいずれも悪質で、軽視できない事案」とし、
「さらに反省を深める時間が必要で、執行猶予期間は通常より長い5年とする」と述べた。

裁判官が執行猶予について説明する中で、
「次に過ちを犯した際は、執行猶予はつかないだろう」と話すと、
吉沢被告はぎゅっと唇をかみしめ、わずかにうなずいた。
さらに「次に過ちを犯した際、今回の刑期とあわせるので、相当に長い刑期となる。
執行猶予が開けた後も、
このような裁判に関わるようなことがないように生活してもらいたいと思っています」と
声を掛けられると、「はい」とうなずき、はなをすすった。

裁判官の説明が終わった後、ゆっくりと立ち上がり、裁判官のほうを見て一礼した。
出口に向かい、後ろを振り返って深くお辞儀し、退廷した。

判決によると、吉沢被告は今年9月6日午前7時ごろ、
酒気帯びの状態で乗用車を運転し、時速86キロで赤信号を無視。
横断歩道を歩行中の男女2人に軽傷を負わせ、そのまま逃げたとしている。」


世間を騒がせたこの件に対する判決は
懲役2年、執行猶予5年という判決になりました。

通常よりも長いように思われる執行猶予期間はこの件の罪の重さを物語っています。

先日もJALのパイロットが飲酒によって身柄が拘束されていましたが、
飲酒したならば乗り物を運転してはいけない、これは鉄則なのです。

この判決結果を受けて、この鉄則が広く世間に浸透することが望まれます。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック