FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『ボヘミアン・ラプソディ』 出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボーイントンほか 監督:ブライアン・シンガー



今回は『ボヘミアン・ラプソディ』について書いていきたいと思います。


内容
1970年のロンドン。

ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリーは、
ボーカルが脱退したというブライアン・メイと
ロジャー・テイラーのバンドに自分を売り込む。

類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、
さらにジョン・ディーコンも加わってクイーンとして活動する。

やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、
フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦しむ。


感想
クイーンを一世を風靡した世界的バンドです。

そのボーカルであるフレディ・マーキュリーは1991年に亡くなったわけですが、
その死後もクイーンの楽曲は、
ドラマ『プライド』の主題歌に起用されたり、
CMソングとして起用されたりするなど、
日本でも衰えることのない人気がありました。

しかしながら、この映画で描かれたようなフレディ・マーキュリーの苦悩については、
全くと言っていいほど自分は知りませんでした。

これは多くの人も同じなのではないでしょうか。

フレディ・マーキュリーの苦悩は私たちの心を揺れ動かし、
そしてその苦悩を開放するかのようなラストのライブシーンは多くの感動を呼びます。

自分は後半20分くらいは感動でずっと泣いていました。

多くの人に観てほしいと思える素晴しい映画です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック