FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
底知れない大器―サートゥルナーリアが無傷で「ホープフルS」を制覇
12月29日、G1「ホープフルステークス」が行われ、
ミルコ・デムーロ騎手騎乗のサートゥルナーリアが勝利しました。

サートゥルナーリアは無傷の3連勝での初G1制覇となりました。


このことに関する記事が『』に掲載されていたので以下で紹介します。

「12月28日の中山11Rで行われた
第35回ホープフルステークス
(2歳オープン、馬齢、牡・牝、GI、芝2000メートル、13頭立て、1着賞金=7000万円)は、
ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気サートゥルナーリア(牡、栗東・中竹和也厩舎)が
直線で抜け出しV。
母に日米オークス馬のシーザリオをもつ良血馬が無傷の3連勝でGIを制した。
タイムは2分1秒6(良)。

2着はアドマイヤジャスタ、3着はニシノデイジーだった。

勝ったサートゥルナーリアは、
父ロードカナロア、母シーザリオ、母の父スペシャルウィークという血統。
北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。
通算成績は3戦3勝。
重賞は初勝利。
中竹和也調教師、M・デムーロ騎手ともにホープフルS初制覇。」


底知れない大器の予感ですね。

あれだけの余裕を持ってゴールを切っている感じを見ると、
まだまだ強い勝ち方出来ることを予感させます。

母親であるシーザリオ自体が伝説に残るような名牝でしたが、
その子供たちもエピファネイア、リオンディーズに代表されるように、
確実かつ着実に好成績を残しています。

そんな兄弟たちをも超える予感のするサートゥルナーリアから来年は目が離せなくなりそうです。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック