FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
2019年のハロー!プロジェクトの展望
年も明けたという事で、
今回は2019年のハロー!プロジェクトの展望について書いていきたいと思います。


和田彩花の卒業
まずもう既に決まっていることで特筆すべきことといえば、
ハロプロのリーダーである
アンジュルムの和田彩花(あやちょ)が今年4月で卒業する事です。

℃-uteの矢島舞美ちゃんからハロプロのリーダーを譲り受け、
約2年半の在任期間でリーダーの座を退く事となります。

後任は、現在ハロプロのサブリーダーを務める
モーニング娘。'19の譜久村聖(フクちゃん)がなることが決定しています。

このように後任が決定しているハロプロのリーダーとは違って、
アンジュルムのリーダーの座は誰が就くか分からない状態であります。

有力は現在アンジュルムのサブリーダーを務める
中西香菜(かななん)と竹内朱莉(タケちゃん)のどちらかという事になるでしょうが、
この2人と同じく2期メンバーである勝田里奈(りなぷー)を推す声もあります。

まさに混迷を極めているわけです。

じゃああやちょが卒業をした後のアンジュルムが混乱した状態になるかというと、
そうではなさそうな感じを受けます。

早い段階であやちょが卒業することを発表したことで、メンバーがそれを受け入れ、
あやちょとの思い出作りをするとともに、
あやちょ卒業後の準備を始めているように見受け入れられるのです。

これは頼もしい事です。

もちろんあやちょの卒業というのは残念なことであるわけですが、
その一方で、あやちょ卒業後のアンジュルムがどのような形になっていくのか、
これは楽しみなことでもあります。


宮崎由加、梁川奈々美の卒業
あやちょ以外で卒業が決まっているのが、
Juice=Juiceのリーダーである宮崎由加(ゆかにゃ)と、
カントリー・ガールズ兼Juice=Juiceの梁川奈々美(やなみん)です。

Juice=Juiceの結成以来リーダーを務めてきたゆかにゃの卒業は、
Juice=Juiceにとって大きな変動になるでしょう。

また同じくJuice=Juiceのメンバーであるやなみんの卒業は、
ハロー!プロジェクトの一つの分岐点になるのではないかと思います。

やなみんは学業に専念したいと卒業を決断したわけですが、
そもそもカントリー・ガールズは
学業を優先するメンバー2人(山木・小関)と
兼任メンバー3人(森戸・梁川・船木)に分かれており、
兼任を解除してやなみんを学業優先のメンバーにすることが出来なかったのか?、
というような疑問が尽きることはありません。

2018年には尾形春水(はーちん)の進学のための卒業もありましたし、
ハロー!プロジェクトのシステムの見直しも含め、
フレキシブルな対応の出来る集団に変化することが求められているのかもしれません。


過去最多の総勢59名体制
この3人の卒業前にはなりますが、
ハロー!プロジェクトは過去最多の総勢59名体制になります。

冬のハロコンはこの体制で臨むこととなります。

アンジュルムには太田遥香ちゃんと伊勢鈴蘭ちゃんが加入し、
BEYOOOOONDSには
平井美葉ちゃんと小林萌花ちゃんと里吉うたのちゃんが加入します。

もちろんまだ彼女たちのことをよく知らないというのはありますが、
いずれのメンバーも、
これまでのハロプロには居なかったタイプのメンバーのように見えます。

この5人の新メンバーが、
今後のハロプロにどのような化学変化を起こしてくれるのかが今から楽しみです。


まとめ
Berryz工房と℃-uteの例を除けば、
年始の段階でこれだけ多くの卒業が決まっているということは、
これまでのハロプロの長い歴史の中でも無かったことではないしょうか。

その一方で有望な新メンバーが加入してくれるということは楽しみなことであります。

今は決まっていませんが、
何らかの加入や卒業といった動きがさらに出てくることは間違いないでしょう。

2019年もまた、ハロプロらしく出会いと別れが多い年になりそうです。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック