FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『有吉の壁』(2019年1月2日放送)
今回は1月2日に放送された『有吉の壁』について書いていきます。


この『有吉の壁』は、
「次世代を担う若手お笑い芸人たちが、
有吉弘行が用意した『お笑いの壁』に挑戦し、
壁を超え芸人として成長する」というコンセプトの番組です。

不定期で放送されている人気番組で、今回の放送で11回目の放送となりました。


今回の放送では、
「「一般人の壁」を越えろ!おもしろテレビ局の人選手権」、
「「なりきりの壁」を越えろ! 有名人になって勝手におもしろ隠し芸選手権」、
「流行語大賞の壁を越えろ!ブレイク芸人選手権」
という3つの企画が放送されました。


お馴染みの企画である「一般人の壁」は今回、
「「一般人の壁」を越えろ!おもしろテレビ局の人選手権」という名で登場しましたが、
今回もとても面白かったですね。

なかでも自分的に特に面白かったのは、
チョコレートプラネットとハナコが登場した「一般人の壁」でした。

チョコレートプラネットの長田さんが「キングオブコント」敗戦を悔やみ、
敗戦したのは2本目のネタの小道具の完成度が低かったからだと、
小道具を改良しようしているのを、相方の松尾さんが止めているところに、
キングオブコント覇者であるハナコの3人が登場し、
「また小道具作ってるんですか」、「良いの出来るといいッスね」と言い残して去り、
長田さんがブチギレるという内容でした。

キングオブコントでのチョコプラの2本目のネタを観たことがある人にとっては、
たまらなく面白いネタだったと思います。


「「なりきりの壁」を越えろ! 有名人になって勝手におもしろ隠し芸選手権」は、
有名人になりきって、その人がやりそうなかくし芸を披露するという企画でした。

オードリーの春日さんが米倉涼子に扮し、
100㎏のベンチプレスに挑戦していましたが、
この挑戦に失敗をして春日さんは惨めな姿を晒していました(笑)


「流行語大賞の壁を越えろ!ブレイク芸人選手権」では、
『エンタの神様』でブレークした芸人を思わせるネタが次々登場し、
場を盛り上げました。

前回の「ブレイク芸人選手権2018」で
「TT兄弟」(チョコレートプラネット)というヒットキャラを生み出したことで、
注目されていたこの企画ですが、
今回はシソンヌによる「テゲテゲ姉妹」がこの選手権を制しました。


不定期で放送されているこの『有吉の壁』ですが、
今から次の放送がとても楽しみです。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック