FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
本領が発揮できる場所へ―オジュウチョウサンが障害に復帰
昨年の「有馬記念」に出走したオジュウチョウサンが、
3月9日の「阪神スプリングJ」で障害レースに復帰することが決まりました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

障害から平地に転向し、
昨年の有馬記念(9着)出走が話題を呼んだオジュウチョウサン(牡8、和田正)が、
障害戦に復帰することが18日、分かった。
長山尚義オーナーが明かした。

春は3月9日の阪神スプリングJ(J・G2、芝3900メートル)で始動。
16~18年に圧勝している4月13日の中山GJ(J・G1、芝4250メートル)で4連覇を目指す。
障害の2戦は石神騎手とコンビを組む。

その後は体調次第だが、平地との二刀流継続で
宝塚記念(G1、芝2200メートル、6月23日=阪神)参戦も視野に入っている。
長山オーナーは「昨年、武豊騎手で有馬記念に出るという夢がかなった。
今年はまず障害で頑張ってもらいたい。
将来は種牡馬にしたい」と語った。
同馬は現在、放牧で疲れを癒やしている。
和田正師は
「腰、胃腸、気持ちも含めて回復してきました。
2月上旬には入厩可能になると思います」と帰厩の見込みを語った。」



言い方は悪いですが、
オジュウチョウサンが「有馬記念」に出走したことは良い思い出となったと言えます。

結果云々ではなく、出走したことに価値があったのです。

そして今回、本領が発揮できる場所へとオジュウチョウサンは戻ったのです。

だからこそ、これからの快進撃が期待されます。

楽しみです。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック