FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『Huwie Best』 石崎ひゅーい



今回は、2018年の3月28日に発売された、
石崎ひゅーいのアルバム『Huwie Best』について書きたいと思います。


収録曲
1.第三惑星交響曲
2.ファンタジックレディオ
3.夜間飛行
4.ピノとアメリ
5.ひまわり畑の夜
6.ガールフレンド
7.ピーナッツバター
8.星をつかまえて
9.1983バックパッカーズ
10.おっぱい
11.常識
12.僕がいるぞ!
13.僕だけの楽園
14.花瓶の花
15.ピリオド
16.花瓶の花(Acoustic Version)
17.夜間飛行(Acoustic Version)


感想
石崎ひゅーいさんは以前から気になる存在でした。

テレビ東京系で放送されたドラマ『みんな! エスパーだよ!』のエンディングで、
このアルバムにも収録されている「夜間飛行」を聴き、
その感情が揺さぶられる歌声に心が掴まれたのです。

しかしその後、石崎さんの楽曲を追うことはしていなかったのですが、
それから数年後にたまたま「花瓶の花」をラジオで聴き、再び心を掴まれました。

これほどまでに心を揺さぶられる曲はこれまでに無かったと言えるくらい、
一発で掴まれてしまったのです。

ソングライターとしての才能はもちろん凄いのですが、
やはり石崎さんの凄い所はその感情を全面に出したような歌声だと言えます。

このベストアルバムにはその凄さがギュッと凝縮されています。

石崎さんは知る人ぞ知るシンガーソングライターという感じがしますが、
もっと多くの人に知られて(聴かれて)いい人だと思います。

だからこそ、この『Huwie Best』を多くの人に聴いて欲しいのです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック