FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『読書のチカラ』 齋藤孝



今回は齋藤孝著『読書のチカラ』について書いていきたいと思います。


内容
高度な刺激社会には、
楽しいことならいっぱいあるのに、
それでも本を読む理由とは? 

読書と生きる力はどこでつながるのかを説く。

どんな本を読むかで人生は決まる。

頭脳を鍛える読み方が身につく。

あっという間に本一冊が頭に入る。

学ぶべき教養をはばひろく吸収する。

あらゆる本が人生の導き手となる。

稀代の愛書家による「本の使い方」!

外れなし!文庫タイトル300選付き。


感想
タイトルにある「読書のチカラ」、
このチカラを誰よりも信じているのが著者です。

この本の中では、
著者が様々な本を読むことから得た知識を例として挙げながら、
本を読む意味と必要性が語られています。

「一人一人が精神的に強く、読解力が高く、
したがって知性でものごとを見きわめられるとすれば、
その国が栄えないわけがない」
(P110から抜粋)

一人一人の読書力を高めることが国を栄えさせる、
あまりにも飛躍し過ぎの考えだと思われるかもしれませんが、
これは著者がこれまでの読書経験から得た考えなのです。

本文で読書欲を掻き立てた後に、
巻末に「外れなし!文庫タイトル300選」を付けているのが良いですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック