FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
菜七子を破って―武豊騎乗のインティが破竹の7連勝で「フェブラリーS」を制覇!!
2月17日、G1「フェブラリーステークス」が行われ、
武豊騎手騎乗のインティが勝利しました。

藤田菜七子騎手騎乗のコパノキッキングは5着に終わりました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

2月17日の東京11Rで行われた第36回フェブラリーステークス
(4歳以上オープン、定量、GI、
ダート1600メートル、14頭立て、1着賞金=1億円)は、
武豊騎手騎乗の
1番人気インティ(牡5歳、栗東・野中賢二厩舎)が押し切って勝利。
未勝利戦から破竹の7連勝で新ダート王の座を射止めた。
タイムは1分35秒6(良)。

2着はゴールドドリーム(2番人気)、
3着にはユラノト(8番人気)が入った。

なおJRAの女性騎手として初のGI騎乗を果たした
藤田菜七子騎手繰るコパノキッキングは5着だった。

インティは2017年4月のデビュー戦こそ9着に敗れるも、
2戦目の未勝利戦を勝ちあがると、
その後は連勝を伸ばし、6連勝で前走は前哨戦・東海Sを制覇。
2着との着差は未勝利戦から7、4、4、10、5、2馬身と、
桁違いの強さで勝ち進みGIに挑んできたが、
連勝の勢いそのままに大舞台でも力を発揮し、
一気に新ダート王の称号を手に入れた。

勝利に導いた武豊騎手は
2017年有馬記念をキタサンブラックで勝って以来
約1年2カ月ぶりのGI勝ちで、
自身が持つフェブラリーS最多勝記録を更新する5勝目。
管理する野中賢二調教師は07年の厩舎開業以来、
待望のGI初制覇を果たした。

フェブラリーSを勝ったインティは、
父ケイムホーム、母キティ、母の父Northern Afleetという血統。
北海道浦河町・山下恭茂氏の生産馬で、馬主は武田茂男氏。
通算成績は8戦7勝。
重賞は2019年の東海S(GII)に次いで2勝目。



注目を集めていた藤田菜七子騎手を破ったのは、
日本競馬界が誇る天才・武豊騎手でした。

インティは1番人気という事で、
その実力は多くの競馬ファンが認めるところだったわけですが、
そこを本当に勝利に結び付けていったのは
武豊騎手の騎乗があったればこそだと言えます。

ベテランなった今でも日本競馬界でトップクラスの発言力を持ち、
それに伴うような実力を持ち合わせているのは
やはり武騎手だけなんだと言えます。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック