FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
かつての輝きを取り戻す日―日本ハム・斎藤佑、甲子園プロ初先発
日本ハムの斎藤佑樹選手が3月9日に行われた阪神とのオープン戦に先発し、
2回を3奪三振パーフェクトで降板しました。

斎藤選手が甲子園で先発登板したのは、
プロ入りしてからはこれが初めてとなりました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「オープン戦、阪神-日本ハム」(9日、甲子園球場)

日本ハム・斎藤佑樹投手がプロ入り初めて甲子園で先発し、
2回3奪三振パーフェクトで降板した。

早実時代の06年夏、田中将大(ヤンキース)を擁する
駒大苫小牧との引き分け再試合を制し、全国制覇。
プロでの甲子園登板は15年6月16日の阪神戦で中継ぎ登板のみで、
プロでは初めて真っさらなマウンドへ上がった。

初球は上本に対し、135キロの直球。
ファウルでストライクを先行させた。
カウント2-2から131キロの外角直球で見逃し三振を奪った。
2番近本は左飛、3番福留も
132キロの外角低め直球で見逃し三振に打ち取り、三者凡退で仕留めた。

かつて野球ファンを熱狂させた聖地で、背番号1は躍動。
直球の最速は137キロだったが制球力が抜群で、
二回も先頭マルテを内角球で詰まらせて左飛に仕留めた。
続くナバーロも内角135キロ直球で一邪飛。
鳥谷は低めに沈むスライダーで空振り三振に仕留めた。

球数30球で交代となり、右腕はこれで実戦3試合7回無安打無失点。
復活を目指す9年目、先発ローテ入りをアピールし続けている。

降板後、「やっぱり気持ちいい」と充実の笑顔。
甲子園のマウンドについて
「苦手意識はないですし、投げていていい球場だなと思います。
マウンドからの景色もなかなか見られるものではないので」と、うなずいた。




かつて斎藤選手は甲子園のスターとして輝いていました。

プロ入り以降、その輝きは薄れつつありましたが、
今年はキャンプ入りして以降、好調を維持しています。

そして今回、甲子園で先発し、
斎藤選手はかつての輝きを取り戻したように見えます。

この勢いで今シーズンは活躍をして欲しいものです。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック