FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
強き思いを持って―チェンが圧巻演技で世界選手権連覇、羽生は2位
3月23日、「フィギュアスケート・世界選手権」の男子フリーが行われ、
ショートプログラムで首位だったネーサン・チェン選手が優勝しました。

ショートプログラムで3位だった羽生結弦選手は2位に終わりました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「フィギュアスケート・世界選手権」(23日、さいたまスーパーアリーナ)

男子フリーが行われ、SP3位、
12・53点差の逆転優勝を目指す羽生結弦(ANA)は
4回転を4本中3本に成功させ、
世界最高を更新するフリー206・10点、合計300・97点をマークした。
しかし、直後にSPトップのネーサン・チェン(米国)が
4本の4回転をすべて着氷させる完璧な演技で
フリー216・02点、合計323・42点を獲得し優勝。
羽生は2位だった。
宇野昌磨(トヨタ自動車)が270・32点で4位、
田中刑事(倉敷芸術大大学院)は238・40点で14位だった。

羽生は冒頭の4回転ループを成功させるなど執念の演技を見せた。
4回転サルコーが回転不足と判定され、
減点された以外はほぼ完璧な演技だった。
羽生の得点はこの時点では世界最高得点だった。

しかし、その直後にライバルのチェンが圧巻の演技を見せた。
4回転ルッツを含む4本の4回転ジャンプを決め、得点を重ねた。

4回転ルッツは出来栄え点で4・76点の加点。
4回転フリップは2・04点、
4回転トーループは3・39点と、
どの4回転ジャンプも完璧な内容で大きな加点を得ていった。

昨季まで課題にしていた3回転アクセルも成功させ、
4回転トーループ-3回転トーループも3・39点の加点。
文句のつけどころのない完璧な演技で、
フリーと合計得点で世界最高を更新した羽生を、直後に抜き返した。

羽生はSP3位、フリー2位、
チェンは2本をそろえともにトップという完全優勝だった。

羽生はフジテレビによるテレビインタビューで「悔しいですね」と思いを吐露。
「負けには負けっていう意味しかないので。
自分にとっては負けは死も同然と思っているので。
本当、勝ちたいです」と苦笑まじりながらも、厳しい言葉を自分に向けた。



羽生選手が自分に向けた言葉は容赦がありません。

そういった厳しさがあるからこそ、
あの奇跡的とも思えるオリンピック連覇が実現できたわけです。

羽生選手が紡ぐ物語は、
誰も成し遂げられないような自己実現のストーリーなのです。

その目撃者になる権利を持った我々は幸運な存在であります。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック