FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『愛がなんだ』 角田光代



今回は角田光代著『愛がなんだ』について書いていきたいと思います。


内容
「私はただ、ずっと彼のそばにはりついていたいのだ」

OLのテルコはマモちゃんに出会って恋に落ちた。

彼から電話があれば仕事中でも携帯で長話、
食事に誘われればさっさと退社。

すべてがマモちゃん最優先で、会社もクビになる寸前。

だが、彼はテルコのことが好きじゃないのだ。

テルコの片思いは更にエスカレートしていき…。

直木賞作家が濃密な筆致で綴る、全力疾走片思い小説。


感想
「恋は盲目」というのはよく使われる言葉です。

この言葉の究極形をいくのが、
この物語の主人公である山田テルコです。

テルコは田中守(マモちゃん)という男のことが大好きです。

しかし恋人ではありません。

”都合のいい女”と表現すべき立ち位置の中で、
テルコはマモちゃんへの思いを暴走させていきます。

「ツカイッパにしてくれて、ぜんぜんかまわないんだ、
つーか、今やることなくて、やることないと頭へんになりそうじゃん?
いろいろ悲観的なこと考えちゃうし。
だから、あれこれたのんでくれると、やることあって私が助かるんだよ。
マモちゃんはさ、遠慮とか気遣いとかしないでいいの。
私に関しては」
(P62から引用)

自分が望んで”都合のいい女”になろうとする、
これは恋人になろうとするための行為ではなく、
マモちゃんとの関係が切れないようにするための行為なのです。

この作品は、「恋は盲目」の恐ろしさを嫌と言うほど教えてくれます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック