FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
栄誉は人生の幕が下りた時に―イチローが国民栄誉賞を3度目の辞退
現役を引退したイチローさんが国民栄誉賞の打診を断っていたことが分かりました。

イチローさんが国民栄誉賞を辞退するのはこれが3回目となります。


このことに関する記事が『毎日新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

先月末に現役引退を表明した
米大リーグ・マリナーズのイチローさん(45)が、
政府が授与する方向で検討していた
国民栄誉賞を辞退すると伝えていたことが4日、
政府関係者への取材で分かった。
固辞するのは3度目。
理由は明らかになっていないが、
今後も野球界に関わっていく強い意思を示したものとみられる。
「令和」時代を迎える中、受賞第1号が期待されていた。

イチローさんは日米通算4367安打、10年連続200本安打、
メジャーリーグのシーズン最多安打記録を更新するなど
野球界で輝かしい実績を残した。

政府はこれまで小泉内閣時代の2001、04年の2度、
国民栄誉賞を打診したが、
イチローさんは
「野球生活を終わった時に、もしいただけるのであれば、
大変ありがたい」などと固辞していた。

先月22日の引退会見を受けて、
菅義偉官房長官は同日の記者会見で
「多くの子供や野球ファンに夢と希望を与え続けてきたスーパースター。
これまでの活躍は素晴らしいものであり、
国民にそういう声があることは十分認識している」と述べ、
授与する方向で調整していた。



この記事にはありませんが、
イチローさんは辞退したことについて
「人生の幕を下ろしたときにいただけるよう励みます」とコメントしたそうです。

このコメントにあるように、
イチローさんが生きているうちに国民栄誉賞を受賞することはなさそうです。

しかしながら、
イチローさんが国民栄誉賞に値する活躍をしたことには変わりありません。

本当に凄い人です。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック