FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』 西野亮廣



今回は西野亮廣著
『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』について書いていきたいと思います。


内容
クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、
絵本『えんとつ町のプペル』を作り、
30万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る、
"現代のお金の作り方と使い方"と最強の広告戦略、
そして、これからの時代の働き方。


感想
相変わらずの著者のラディカル思考に圧倒される本です。

ラディカルな思考ではありますが、
周りを置いてけぼりにしないように、
この本で「現代のお金と広告」の話を優しくかつ分かりやすく語っています。

「一緒にこの革命の時代を生きましょうよ」という声が聞こえてきそうなほど、
優しく読み手に自分の考えを伝える様には好感が持てます。

「感情に支配されず、常識に支配されず、お金に支配されず、
時代の変化を冷静に見極め、受け止め、
常に半歩だけ先回りすることが大切だ。」
(P123から引用)

この『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』は、
以前このブログで取り上げさせていただいた
『新世界』よりも前に出版された本であるため、
『新世界』を読んでからこの本を読んだ自分にはどうしても、
「同じようなことが書いてある」とか、
「少し内容が古いな」とか思える箇所があるのですが、
それもまた西野さんの思考の経路を知れるわけですから、
決してこの本の価値がないわけではなく、
読んでおいて損のない一冊だと言えます。

西野さんのことを”イヤな奴”と思っている人にこそ読んでほしい一冊です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック