FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
最有力馬を破っての悲願達成―12番人気の伏兵・ロジャーバローズが「日本ダービー」制覇
5月26日、G1「日本ダービー(東京優駿)」が行われ、
浜中俊騎手騎乗のロジャーバローズが勝利しました。

浜中騎手にとってはこれが初めての「日本ダービー」制覇となります。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

3歳牡馬クラシック第2戦
「第86回東京優駿(日本ダービー)」(G1、芝2400メートル)が26日、
東京競馬11Rで行われ、
浜中騎手騎乗のロジャーバローズ(牡3=角居厩舎)が
1番人気のサートゥルナーリア(牡3=角居厩舎)を破って優勝した。
サートゥルナーリアは4着だった。

鞍上の浜中は中央G1通算9勝目で悲願のダービー初制覇。
管理する角居師は中央G1通算26勝目で
今年はサートゥルナーリア(皐月賞)に続き2勝目。

レース後、令和初の戴冠に「ビックリしてます」。
最後の直線は
「本当に必死で。
残っていると思ったが、最後まで分からない感じだった」というが、
掲示板の1着を見て「無になったというか、頭が真っ白になった」と語った。

レースは2番手で進み
「ある程度ペースが早くなったほうがいいと。
自分の中ではいい展開だった。
あとは後ろを待たずに、
さされてもしょうがないという気持ちで前に出していった」と振り返った。

直線は
「坂を登るところで逃げている馬をかわして、
そこからもう一段、馬が辛抱して走ってくれた。
本当に一生懸命走り尽くしてくれた」とコメント。
「長くて持久力を活かすのが得意な馬。
タフな部分が武器。
ダービー馬になったので、今後も期待したい」とロジャーバローズを称えた。

ダービー初勝利に「まだフワフワしていますが、余韻に浸りたい」と笑顔を見せた。



思わぬ伏兵の勝利となりましたね。

サートゥルナーリアの勝利は確実に思われましたが、
やはり競馬に絶対はありませんでした。

乗り替わり(テン乗り)という不運もありましたが、
それにしてもサートゥルナーリアが敗戦するという絵は
自分の中にはありませんでした。

驚きましたね。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック