FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
2週連続の大波乱―「安田記念」でアーモンドアイがスタート直後の不利で3着
6月3日、G1「安田記念」が行われ、
福永祐一騎手が騎乗したインディチャンプが勝利しました。

圧倒的な1番人気だったアーモンドアイは、
スタート直後の不利があり、3着に敗れました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

◆第69回安田記念・G1(6月2日、東京・芝1600メートル、良)

春のマイル王決定戦はG1馬7頭を含む16頭によって争われ、
福永祐一騎手が手綱を執った
4番人気のインディチャンプ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が
直線で好位から抜け出し、G1初制覇を飾った。
勝ち時計は、
2013年ストロングリターンの記録(1分31秒3)を上回る
1分30秒9のレースレコード。

1番人気のアーモンドアイ(単勝1・7倍)と
2番人気のダノンプレミアム(同3・2倍)の2強ムードを示すオッズだったが、
序盤のアクシデントが結果に大きく影響した。
武豊騎乗のロジクライ(11番人気)がスタート直後の物見で内側に寄れると、
ダノンプレミアム、アーモンドアイ、
ペルシアンナイト、ロードクエストの4頭が立て続けに接触。
人気の2頭は後方追走を強いられ、
アーモンドアイは3着まで詰めるのが精いっぱい。
ダノンプレミアムは直線で最下位まで後退した。
ロジクライは好位の3番手につけたものの、9着に沈んだ。

武豊騎手(ロジクライ=9着)
「1歩目は真っすぐ出たが、
外に物見をして内に寄ってしまい、3、4頭に迷惑をかけた」



2週連続の大波乱となりました。

先週は「日本ダービー」で1番人気だったサートゥルナーリアが敗れましたが、
今週は圧倒的な1番人気のアーモンドアイが波乱の展開に飲み込まれました。

その強さを信じて疑わなかった人がほとんどだったでしょう。

その強さは間違いなかったのでしょうが、
あってはいけない事とはいえ、こういった事があるのが競馬なのです。

アーモンドアイは不運でしたが、次走でその鬱憤を晴らしてほしいところです。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック