FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
「神の子」が去る時―フェルナンド・トーレスが今夏限りで現役引退を表明
6月21日、サガン鳥栖のフェルナンド・トーレス選手が、
今夏限りで現役引退することを明らかにしました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

元スペイン代表で鳥栖のFWフェルナンド・トーレス(35)が21日、
今夏限りで現役を引退することを表明した。

トーレスは同日、自身のインスタグラムを更新。
自身のコメントVTRとともにスペイン語と英語で
「重要なアナウンスをします。
私は18年のエキサイティングな時を経て、
私のキャリアが終わるときが来た」と綴った。
23日には東京都内で引退会見を行うことも明かした。

トーレスは言わずと知られた世界を代表するストライカー。
18~19年シーズンに欧州CLを制した
プレミアリーグの名門・リバプールで人気を不動のものとし、
同じくプレミアの名門チェルシーでは欧州CL制覇も経験。
スペイン代表でも10年W杯南アフリカ大会で母国の初優勝に貢献し、
12年欧州選手権では得点王にも輝いた。

実力もさることながら、甘いマスクで女性ファンも多いトーレスは、
下部組織でもプレーした
愛着あるアトレティコ・マドリードを退団した昨年7月に鳥栖に電撃加入。
同時期に神戸に加入したMFイニエスタらとともにJリーグに新風を吹かせた。
加入2シーズン目の今季は、
真価発揮が大いに期待された中、
トーレス自身の強い希望もあり
クラブはスペイン人指揮官のカレーラス氏を招へい。
だがトーレスはケガにも悩まされ、先発はわずか6試合。
カレーラス氏も5月に成績不振で解任された。

複数の関係者によればトーレスは古傷の右膝の状態もあり、
思うようなプレーが出来なくなったことで引退を決断。
8月いっぱいでユニホームを脱ぐという。
8月23日にホームで行われる神戸戦がラストゲームになる可能性が高く、
世界を制したストライカーはスペイン代表で共に戦った
親友・イニエスタとの対戦を最後に、
惜しまれつつも日本でユニホームを脱ぐことになる。

◆フェルナンド・トーレス 
1984年3月20日生まれ、スペイン・マドリード州出身の35歳。
Aマドリードの下部組織で育ち01年にトップ昇格。
その後、リバプール、チェルシーで活躍しACミランを経て
15~16年シーズンにAマドリード復帰。
スペイン代表としては110試合に出場し38得点。
10年W杯南アフリカ大会、08年、12年欧州選手権を制覇。
1メートル85、78キロ。利き足は右。



トーレス選手は「神の子」の愛称で知られています。

正直言って、Jリーグでのプレーは
「神の子」の本領発揮と言えるものではありませんでした。

これは残念な事です。

しかしながら、
世界にその名を知られたプレーヤーが日本に来たという事実が、
Jリーグの名を世界に広めることに役立ったことは間違いありません。

トーレス選手に感謝ですね。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック