FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『探偵はBARにいる3』 森晶麿



今回は森晶麿著『探偵はBARにいる3』について書いていきたいと思います。


内容
ススキノで探偵をする“俺”は、
相棒である高田の後輩から、
失踪した恋人・麗子の捜索を頼まれる。

調査の過程で、
麗子がバイトをしていたモデル事務所のオーナー・岬マリに会った“俺”は、
なぜか既視感を抱く。

だがその直後に何者かの襲撃を受け、
捜索から手を引くよう脅されることに。

事件は札幌で成長著しい北城グループの幹部殺害事件とつながっていたのだ―

劇場映画第3弾となるオリジナルストーリーをノヴェライズ。


感想
この小説は、
映画「探偵はBARにいる」シリーズの第3弾となった『探偵はBARにいる3』を、
ノヴェライズ化した作品です。

これまでの2作品は東直己さんの小説を原作に製作されてきましたが、
『探偵はBARにいる3』からはオリジナルストーリーで映画が作られました。

じゃあこれまでと全く違う作品なのかと言うと、当然そんなことはないわけです。

東さんが生み出した<探偵>というキャラクターを
そのまま生かし、否、より魅力的に仕上げているのです。

この作品の中で、
そんな<探偵>の魅力をウェイトレスの峰子が以下のように語っています。

「いい男じゃないところがいいというか、かといって三枚目じゃない、
何かしらね、あの微妙な匙加減。
たぶん、すんごい優しいんだろうな。」
(P215から引用)

これは<探偵>の魅力を端的に言い表しています。

<探偵>は「すんごい優しい」のです。

だからトラブル(揉め事)にも巻き込まれるし、
そのトラブル(揉め事)から逃げ出すこともできないのです。

しかしながらというべきかだからと言うべきか<探偵>は人を惹きつけるのです。

この作品の読者もまた<探偵>に惹かれるはずです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック