FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
デール・カーネギー(1888年~1955年)の名言
「もし自分が間違っていたと
素直に認める勇気があるなら、
災いを転じて福となすことができる。
過ちを認めれば、
周囲の者がこちらを見直すだけでなく、
自分自身を見直すようになるからだ。」



これはデール・カーネギーの名言です。

デール・カーネギーといえば、
『人を動かす』、『道は開ける』などの自己啓発書を著したことで知られています。

『人を動かす』はビジネスコミュニケーションのスキルに関する著作です。

他人が自分の為に気持ちよく動いてくれるには
どのような発言をすれば良いかということを実例に基づいて書いているのですが、
その基礎となっているのが「自分を知り、相手を知る」という事です。

自分という存在が分かっていなければ相手を理解することは出来ないですし、
相手を分かっていなければ自分がどう行動すべきかということは分からないのです。

つまりは、
自分を知った上で他人と付き合い、
他人を知った上で自分が行動すべきだということです。

とにもかくにも、自分の長所と自分の短所を理解しておくことが大切なわけです。

それを頭に入れた上でこの名言を見てみると、
自分を理解し自分の非を認めるという事が
他人から評価されるために必要だと説かれています。

自分自身を見直すことは、
他人との人間関係を良くするために必要なことなのです。

皆さんも、今の自分自身を見直す時間を設けてみたらいいのではないでしょうか。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック