FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
競馬を光らせた人―競馬評論家の原良馬氏が死去
7月24日、競馬評論家の原良馬さんが死去されました。

85歳でした。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

元俳優で競馬評論家の
原良馬(はら・りょうま、本名荻原昂=おぎはら・たかし)さんが
病気のため24日午前7時46分、千葉県浦安市の自宅で死去した。
85歳。
群馬県出身。
通夜は29日午後6時、
葬儀・告別式は30日午前10時から、
いずれも浦安市千鳥15の3、浦安市斎場=(電)047(316)3611=で。
喪主は弟荻原廸彦(みちひこ)氏。

1954年、俳優座に6期生として入所。
NHKドラマ「バス通り裏」などに出演後、
スポーツ新聞の競馬記者などを経て、
88年、フリーの競馬評論家に転身した。
テレビ東京の土曜競馬中継で司会を務めたほか、
全国のウインズを巡回するトークイベント「良馬が行く」に出演。
競馬の発展に尽力したことから18年度JRA賞馬事文化賞・功労賞を受賞した。
近年は体調を崩して、療養を続けていた。

※本名の「たかし」の漢字は、昂の日の下の左側が「エ」



原さんといえば『ウイニング競馬』に出演するお姿が印象的でした。

自分は土曜、日曜も関係なく出勤することのある仕事をしていますので、
原さんの姿を観て
「今日は土曜日なんだ」と曜日の感覚を取り戻すことがたびたびありました。

それくらい土曜の競馬の顔とイメージがあったのですね。

もちろんこれは自分だけではなく多くの人が思っていたことではないでしょうか。

原さんは語り口は優しく、競馬というものを非常に魅力的に伝えた人でした。

競馬を光らせた原さんの功績は永遠です。

今はただ安らかに。合掌。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック