FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『過剰な二人』 林真理子、見城徹



今回は、林真理子、見城徹著
『過剰な二人』について書いていきたいと思います。


内容
信じて鼓舞して成長する。

最上のパートナーこそが、人生を輝かせる!

「相手にはうまく乗せられる」
「モテたい気持ちを大切に」
「無知ほど強い力はない」
自己顕示欲とコンプレックスを、
圧倒的なパワーに変えて、
第一線を走り抜けてきた作家と編集者。

互いに刺激し、
高め合う関係から生まれたパワーワード満載!

悩めるあなたにガツンと効く、圧倒的人生バイブル。


感想
タイトルにもあるように、この二人はかなり「過剰な」人たちです。

常人を置いてけぼりにしていってしまいます。

しかしながら、
そんな過剰な考え、極端な考えを持っているからこそ多くの人を引き付けるわけです。

英雄はいつだって過剰で極端なのです。

「結局、人の心をつかむには努力しかない。
それもただの努力ではない。
自分を痛めるほどのものでないと、意味はない。」
(P147から引用)

過剰に努力し、極端な動きをするからこそ、
人の心をつかむことのできる仕事ができるのです。

仕事で大きな成功をおさめた「過剰な二人」のとてつもない重みのある言葉です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック