FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
“日本近代競馬の結晶”の死―無敗の3冠馬・ディープインパクトが死去
7月30日、2005年に無枚の3冠馬となったディープインパクトが死去しました。


このことに関する記事が『東スポWeb』に掲載されていたので以下で紹介します。

2005年に皐月賞、日本ダービー、菊花賞を制し、
史上2頭目の無敗での3冠馬となったディープインパクトが30日、
繋養先の社台スタリオンステーションで死んだ。
17歳だった。
同社が公式サイトで発表した。

「ディープインパクト号 急逝のお知らせ」と題された発表内容は以下の通り。

「弊社にて繋養しておりましたディープインパクト号ですが、
かねてより治療しておりました頸部の手術を7月28日に受けました。

手術は無事に終了して術後の経過も安定しておりましたが、
翌29日の午前中に突然起立不能になったため懸命の治療を試みました。

30日の早朝にレントゲン検査を行ったところ頸椎に骨折が見つかり、
回復の見込みが立たないことから安楽死の処置が取られました。

突然の出来事で誠に痛恨の極みではございますが、
謹んでお知らせいたします」

ディープインパクトはサンデーサイレンス産駒で、
04年に栗東・池江泰郎厩舎からデビュー。
3冠達成の翌年には、
天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念とGIで7勝を達成。
通算成績は14戦12勝で、鞍上はすべて武豊だった。
07年に種牡馬入りし、
12年から18年まで7年連続でリーディングサイヤーを獲得した。



この春の種付けがキャンセルになるなど、
以前から調子が良くないことは分かってはいましたが、
それでもこの死は予想だにしていませんでした。

どこかで、ディープインパクトは大丈夫だ!、と高をくくっていたのです。

しかし命とは儚いものです。

突然に死は訪れました。

多くの競馬ファンがこの死を悲しんでいます。

それくらい多くの人が夢を託したのがディープインパクトという馬でした。

まさしく“日本近代競馬の結晶”と呼ぶにふさわしい馬でした。

今はただ安らかに。合掌。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック